【体験談ケース1】取り締まる方であろう方の道路族

都内にお住まいのまりおさん(30代女性)もまた、道路族に日々頭を悩まされている被害者の一人です。

『プラカーや自転車、スケボーは勿論、キックスケーターやバトミントン、BB弾で打ち合い←幼稚園児がやってる※ 等をしています。
それを母親達は「○○ちゃん凄~い!出来るんだね」とか止める訳でもなくやらせて、自分達は井戸端会議をしてます。』
※子供用エアガン及びBB弾の対象年齢は多くの場合10歳以上とされています。
詳しくは各都道府県の「青少年育成条例」をご確認ください。

元気に遊ぶ子供達とそれを見守る大人達。
一見すると微笑ましいとも取れる光景かもしれません。
その場所が道路上でさえなければ…。

そして、それらはやがて子供の遊びを超えた道路族行為へと発展していきます。

『休日も何処かに出かける訳でもなく、朝7時前~10時位まで路駐しながら洗車してたり、お昼過ぎからは夫婦&子ども揃って道路でフリスビーやバトミントン等をしています。
夏になると、共同駐輪場の自転車を退かしてBBQをしたり、道路にプールを出して遊ばせてます。』

バーベキューやプール遊びを子供達だけで企画準備するはずもありませんから、大人達が率先して行っていると見てよいでしょう。
それにしても駐輪場でバーベキュー、油で自転車がベタベタになったりしないのでしょうか…。

迷惑行為はこれだけに留まりません。

『理解し難い行動といえば…。
・上の子送迎時に、子ども達に自転車乗るのにヘルメット&ベルトさせてない
・母親、携帯見ながら自転車操作
・周囲で工事中、ダンプカー通るから路駐禁止チラシくるも、普通に路駐したり井戸端会議している
・子どももマナーなっていなく、小学生の子すら歩道でキックボードやスケボー。駐輪場から自転車出そうとすると「邪魔なんだけど」とすれ違い様に言う
・共用駐輪場に遊具置きっ放し。ボールやバトミントン等専用倉庫仕舞わないでそこに置く。
・こんな場所だから「遊べるよ」とか言ってるのか、時々幼稚園仲間や祖父母や親戚連れて遊ばせてる。
・雨降っても合羽に雨傘で遊ばせてる事も。小雨くらいなら普通に遊ばせる。親は共用階段下部分に固まってお喋り。そのまま、共用階段でかけっこ←反響が酷く煩い。以前それでハンドメイドのドア飾りを壊されました。今も時々ドア飾りを触ってくるので、ドアスコープから覗いて触っていたら開けるのですが、普通に逃げていきます。謝りもしません
・階段で追いかけっこするので、時々転んで泣く声が聞こえます。それでも注意する訳でもなく「危ないから気をつけて登ってよ」です。』

また、こんな弊害も。

『来客時に「凄いね…いっせいにジロッと見られたよ」(その時親子18人位いた)とされる事もとても気になります。
お話も子どもの奇声と母親達の大きな笑い声で、時々「外凄いね…」と言われるのもいたたまれません。』

ところで

まりおさんのお住まいはやや特殊な環境にあります。

『此方の道路族は国家公務員の公安職官舎内です。なので私道ではなく国道にあたります。』

お話によると、官舎として十数棟の住居棟が建ち並んでおり、その敷地内を通行する車両は基本的に住民のみなんだそう。
道路族行為の報告が多い住宅地の袋小路などと同様、比較的交通量が少なく、ある種「閉鎖」された空間と言えるでしょうか。

とは言え、

『時折宅配業者や工事車両が入ってくるのです。道路で遊ばれると宅配業者等通れなくて…というのも良く見かけます。』

道路は道路ですから、こういったことも当然起こり得ます。迷惑ですね。

ちなみに

『周囲の公園ですが、敷地内専用公園が徒歩3分圏内(バスケやキャッチボールOK)だったり、他公園も大小合わせて15はあります。その中で一番遠くても大型の都が運営する公園は自転車で10分以内です。』

あるんですね。

『敷地内専用公園には滑り台、ブランコ、砂場、鉄棒、ジャングルジムと一通り揃っております。他、テニスコート2面分位の広場もあります。』

それも十分な設備があるんですね。

『他の地域の官舎内で以前事故(官舎家族関係者の車が子ども飛び出して事故にあった)があったので、公園をきちんと設備したそうです。』

ありがたいお話ですね。

『それだけ公園はある環境の中でも道路で遊ばせています。』

……なぜ?

思わぬ逆風

『余りにもこんな感じなので官舎担当にクレームFAXをした所、逆に犯人探しをしてきました。そして他の件ではすぐ対応するのに、一切道路で遊ばせる事を注意する告知文は今現在までないです。多分注意する担当者が道路で遊ばせてる家族だからと思われます。』
『警察に…という通報も考えましたが、そこと繋がりがある場所なので色々面倒なので出来ない感じです。』

もはや、唖然です。
近隣住民の当たり前の生活をいたずらに害する迷惑行為はもちろんのこと、立場のある人間がこれを行い、ましてや苦情を訴えた被害者を特定せんとして動くなんて…。

まりおさんの事情はまれなケースと言えるでしょうが、だからこその耐えがたい辛苦は想像に難くありません。

『関係者住居の為、警察対応出来ないパターンもあるんだという事を知って頂けたらと思います。』

まりおさん、ありがとうございました。

シェアする

フォローする